不動産の売却査定ってどれくらい時間がかかるの?

スポンサーリンク

記事がよかったらシェアをお願いします

 1.不動産売却の机上査定の場合

不動産売却の机上査定の場合

机上査定とは、現地を見るのではなく、あくまでも成約事例や路線価・建物の法定耐用年数から成約するであろう金額の算出する査定の事です。

売却を検討する際はまず、机上査定から始めてみましょう。

1-1.不動産売却の机上査定ってどれくらい時間がかかるの?

約1時間程度で回答できます。

不動産売却のご相談を受けてから約1時間ほどで査定が可能です。弊社の場合ですと、机上査定した査定書、査定に利用した事例、対象地法令関係資料を提供する事が可能です。

よく無料査定と耳にしますが、どこの不動産屋で頼んでも無料です。もちろん弊社でも無料で承っています。

関連記事:不動産売却をスムーズに進める為の査定依頼方法 こちらの記事では不動産業者に査定依頼をする前にチェックして頂きたい事について説明してます。ある程度の相場を調べる事が重要です。

1-2.机上査定ってどうやってするの?

住宅の場合でしたら、近隣の成約事例、また関係法規を鑑みた上で査定します。

例えば、土地の査定場合 近隣での東西道路4mに接道している土地があればその土地を基準に成約するであろう金額を予測します。実は、これくらいであれば不動産屋でなくても出来てしまうのですが、現状不動産業者以外が成約事例を確認できるルーツが多くありません。

最近では自動で査定出来るサイトもあります。

関連記事:不動産自動査定サイト|自分で不動産価格を調べられる便利サイト15選 このようなサイトを利用してある程度の金額を予想してみましょう。

2.不動産売却の現地査定(訪問査定の場合)

不動産売却の現地査定(訪問査定の場合)

机上査定である程度の不動産価格を把握したら、次はどうすればいいのでしょうか?

実際に現地を確認し、先達て算出した机上査定の価格と乖離がないかをチェックします。

2-2.不動産売却の現地査定(訪問査定)ってどれくらい時間がかかるの?

机上査定同様約1時間ほどお時間を頂きます。

以下、現地でなにをするのかについてです。

2-1.現地でなにを確認するの?

建物内の確認をします。マンションの場合であれば室内の設備・床・壁の経年具合を目視で確認します。これについては戸建についても同様です。

また、売買対象がどこまでに及ぶのか、家具やその他取り外せる設備はどこまで残すのか等を打ち合わせします。

戸建、土地の場合でしたら現地の境界、高低差、ライフライン、道路、越境物等について確認します。売買契約時にトラブルがないように不動産業者、売主双方で物件の状況について共有します。

不動産業者にもよりますがその場で改めて価格を引き直して提示、また別途役所調査が必要な場合においては翌日、翌々日あたりに回答が出ます。

 

【不動産査定に関する記事はコチラ】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

記事がよかったらシェアをお願いします

スポンサーリンク

こんな物件、買取します!

・違法建築・既存不適格・越境トラブル・エレなしマンション・・・など

・相続・破産・離婚・告知アリ・・・など

対応エリアは一都三県となります。

1000万以内の売買代金であれば即日決済も可能です。

また、同業者・仲介業者様からのご紹介も何卒お待ちしております。

 

 

ご相談頂ください。弊社でトラブルを解決し買取致します!

 

 

↓↓↓↓↓↓まずはご相談ください↓↓↓↓↓

 

売却の相談をする

SNSでもご購読できます。

Fudousan Plugin Ver.1.7.1