就活で不動産仲介を検討している人が知っておきたい業界の特徴

Share on FacebookTweet about this on TwitterBuffer this pageShare on Google+Share on LinkedIn

さて、昨日3月1日から就活が解禁となったようです。もし、現在 不動産仲介業(売買)を検討している方向けになにか書いてみようと思います。

ですので売買仲介ってどうなのか?とお考えの方は是非お読みください。

不動産仲介業ってどんな仕事?

ここでは、もし仮に不動産仲介会社から内定を得て働くことになったらどんな事をするのか経験則で語ってみようと思います。

企業によるカラーがありますし、働いている人にとってはホワイトだと感じていても傍から見ればブラックでは?という企業もあります。あくまでもこんな感じなんだなぁ程度に読んで頂いて、実際の事は働いている人に聞いてみるのがいいでしょう。(リクルーターはいいことしか言わないので注意してください。)

 1.実は仲介といっても色々ある

就職の際に不動産仲介がやりたい場合どのような会社が思い浮かぶでしょうか?殊、仲介に限って申し上げると、仲介を主としてやっている会社にもいろいろあるのです。

  • 大手系
  • 準大手系
  • 中小

上記以外 数多の不動産仲介会社が存在しますが社風・取り扱っている物件・労働条件は様々です。

 2.大手系仲介

全国に店舗を展開し、いやでも目や耳にした事があるであろう仲介会社です。親会社が財閥や銀行以外にも、電鉄系なども今回は含めます。

基本的には売り側を担当する事がおおい気が致します。つまり売りたいという人を探してきて媒介契約を結び販売するという事です。もし、不動産業界に就職する事があればいやでもレインズという業者間ネットワークサイトを閲覧することになりますが、媒介を持っている業者の多くが大手だという事に気づくと思います。

さて、この媒介を新人が取る為に取る行動なのですがだいたいこんな感じではないでしょうか?

  • ポスティング
  • DM
  • 一括査定

つまり売りませんか?というアプローチをする事になります。会社によっては一括査定を貰えない場合が多いので おおよそはポスティング、もしくはDMになるのではないかと思います。また、昨今 ポスティング自体を嫌う会社、もしくはセンター長・所長などもいますのでそのあたりは店舗のカラーによる傾向にあります。

これと逆のアプローチで買いを探す作業もあります。最初は上司の担当している媒介物件のチラシを撒いたり、他社の新築・リノベ物件などを両面刷りしたりして投函していきます。反響が来ればおそらく上司と同行のもと接客対応していく感じになると思います。

上記からお分かりのようにまずは集客をする作業からやっていくのではないかなぁといった感じです。余談ですが、チラシなどは工夫しないと鳴りませんし、エリアによっては〇万枚まいて1件か2件鳴ればいいというケースもありますので慣れるまではきついかもしれません。私も結構、チラシを撒いたりだのDMをやったりしてきましたが、営業所の雰囲気が悪いとすぐにポスティングできるようにチラシのストックを用意していたものです。あと、ポスティングしてから帰るという手もありますが、夏・冬はけっこうきついです。

ただ、営業所によってはポスティングはパートさんに任せて他の作業をする会社もありますのでこればっかりは配属されてみないとわかりません。

あと、コンプライアンスは結構しっかりしています。本当はどうか知りませんが、最近は休みもきっちり取れる、深夜残業を禁止していると聞いています。

※昔同じ職場だった後輩にインタビューしてきました。当時は結構つらかったみたいですね。。。

不動産屋になってよかった?不動産屋さんに直接聞いてみた

 

 3.準大手系仲介

それはもう素晴らしい会社から軍隊系、まったり系など多種多様です。基本、集客の導線は大手と同様な部分、またはちょっとしたゲリラ戦法を使うような傾向にあります。これは本当にいやな人はいやだと思いますが飛び込み営業をしたりもします。下記の中小同様、なにかしらに特化している会社もあれば総合的に物件を扱っている会社もあります。少なくとも、上記大手とは違う集客導線を持っている企業が多いのであらかじめ研究しておきましょう。

労働条件についてはグレーな気がします。きっちりコンプラ遵守している会社もあれば完全無視な会社もあります。完全に主観ですが、私の場合はスタッフブログどかFacebook・Twitterなどくまなくチェックしてやたら表彰式が多いとか謎な社員研修とか『夢』みたいなキーワードが目に入ればおそらくパスします。

 4.中小系仲介

住宅の販売・投資用の販売・持分の売買などなど、何かに特化しているケースが多いような気がします。

スポンサーリンク

この辺については働いたことがないのでわかりませんが、周囲の話を聞いていると本当にキツい会社からびっくりするほど緩~い会社もあります。ちなみに歩合をもらったらとっとと転職してしまう人が多い傾向にあります。

あまり規模が大きい会社ではない場合、社長やベテラン社員のやり方を直々に見れる機会等があっていいなと思う反面、コンプラ面に疎い会社であればなかなか細かい事は覚えられず癖付いてしまうとか労働基準法無視で働いたり等、開けてみないと分からない傾向にあります。一応、どんな会社かやんわり調べる方法については下記の記事を参考にしてみてください。

他業種から不動産業界に進もうと思っている人に向けて検討している会社がどんな会社か調べる方法

※ちなみに随分前に書いた昔の私の一日とどんな会社か調べる方法です。参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Share on FacebookTweet about this on TwitterBuffer this pageShare on Google+Share on LinkedIn

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

Fudousan Plugin Ver.1.7.1