Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/exelion/nerimafudosan.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

不動産売却でいうところの『高く売れる』のと『高い』は違う

高く売れると高いの違い

スポンサーリンク

記事がよかったらシェアをお願いします

本日は何の根拠もないオカルティックな話題ゆえ、興味ない人は読まない方がいいです。

 

不動産業者が弱気になってる

 

不動産仲介会社の景況感、先行きに慎重な見方広がる/不動産流通研究所調査

 

(株)不動産流通研究所は16日、2016年1~3月期の「地場の不動産仲介業における景況感調査」の結果を公表した。アットホーム(株)に研究委託し、四半期ごとに実施している調査。

 北海道、宮城県、首都圏、静岡県、愛知県、近畿圏、広島県、福岡県のエリアごとに前年同期と比較した業況判断指数(DI)を算出。DIは「50」が前年並みを示す。アットホームの全国不動産情報ネットワーク加盟店のうち、同一都道府県内で5年を超えて不動産仲介業に携わる2万4,133店の経営者や役員、管理職を対象にインターネットで調査。有効回答数は598店。

 16年1~3月の賃貸仲介DIは、北海道28.1(15年10~12月期比18.8ポイント下落)、宮城県42.5(同13.9ポイント上昇)、首都圏43.1(同4.5ポイント上昇)、静岡県44.6(同13.6ポイント上昇)、愛知県46.3(同8.2ポイント上昇)、近畿圏42.9(同0.1ポイント下落)、広島県44.7(同3.5ポイント低下)、福岡県39.5(同7.6ポイント下落)だった。全エリアで前年よりも業況は悪化しているという見方だが、宮城、首都圏、静岡県、愛知県では前期よりもDIは回復している。

 16年4~6月期の見通しDIは、北海道46.9、宮城県30.0、首都圏37.9、静岡県41.3、愛知県38.8、近畿圏41.5、広島県38.2、福岡県38.2。おおむね前期よりも見通しDIは下がっており、全体的に慎重な見方が広がっている様子がうかがえる。

 不動産会社からは、「新入学生の入居が多い時期だが、年々地方学生の上京率が下がっているように感じる」(東京都八王子市)、「新築物件が多く建ち、築10年以上の物件の成約が厳しい」(埼玉県川越市)などといった市況の変化を指摘する声が上がっている。

 売買仲介DIは、北海道44.6(同2.9ポイント上昇)、宮城県40.0(同0.9ポイント下落)、首都圏45.4(同1.6ポイント上昇)、静岡県44.6(同5.1ポイント上昇)、愛知県39.5(同2.8ポイント下落)、近畿圏46.1(同4.9ポイント上昇)、広島県43.8(同9.8ポイント下落)、福岡県55.0(同3.8ポイント上昇)。福岡県で前期をさらに上回るDIを記録し、市場の好調ぶりがうかがえる結果に。このほか首都圏、近畿圏といった市場規模の大きなエリアでDIが前期よりも回復した。

 4~6月期の見通しDIは、北海道48.3、宮城県35.7、首都圏45.1、静岡県48.0、愛知県43.0、近畿圏46.4、広島県39.1、福岡県50.0。見通しDIが前期よりも上昇したのは3エリアと、慎重な見方が大勢を占めている。

 不動産会社からは、「投資用の顧客が増え、マイホーム探しよりも多い」(東京都新宿区)、「ユーザーの所得が上がらず、購入価格もかなり抑えめ」(東京都江戸川区)、「金利などの購入環境は良いはずだが、購入意欲が低い」(川崎市)など、景気の不透明感や先行き不安といった経済全体の不安定要因が不動産市況にも影響していることを指摘する声が多かった。

 

(以上R.Eポート記事より)

 

地場業者の声です。

内容が難しくてよくわからんのですが、なんか成約しねぇなぁという事なんでしょう。

高すぎて売れない というよりは『高いと思われて』、触手が伸びないというのが正しいかもしれません(住宅に関しては)

 

事実、高いは高いのですが、裏を返せば『まぁ強気でも売れるだろ』と思える物件もあれば『この仲介、どうやって売ろうと思ってんだ?』という物件もあります。

 

たまに 『今いくらでうれるかな?』と聞かれ、まぁまぁの金額伝えると 後日20%増しくらいでレインズ掲載されてるのとかよくあります。運よく売れればいいんですけど、販売長期化すると何かとキツいんですね。(いろんなことに対し疑心暗鬼になります。)

どんな買い手がつくか可能な限りは想像する

売却の際は買手の動向を可能な限り想像するのがいいと思われます。

 

通常、不動産業者があなたに変わって販売戦略を

売値≒欲望値 

 

なんて考えてみるといいのかな。(ぼんやりした表現でごめんなさい。)

人の欲望って尽きないんですが、

 

 

これが結構重要でして、ポジティブなイメージに直結する『・・・・かもしれない』ポイントが所有する物件にいくつかあれば高く売る事ができる『かもしれません。』

 

まぁ、当たり前といえば当たり前なんですが。。。。

無理なアピール程逆効果

 

不動産の図面見た事ある人ならば目にした事があるはずなんですが、

『閑静な住宅街』だとか、『生活至便』だとかの文言、、、

 

個人的にはまったく意味ないと思います。

 

図面って文字で埋めないと ちょっと寂しい感じになっちゃうので頑張って考えるんですよ。

むしろ、、、

 

・数字

・写真

 

が重要です。

 

 

数字とは

 

値段

築年数

広さ

駅から徒歩〇分

 

です。

 

語弊があるかもしれませんが、ほとんどここで決まりますね。(ほんとに語弊があるかもしれませんが)

究極言えば、写真もいらないかも知れません。

 

自然な流れで高く売れてくれるパターンが一番いいのですが、こんな事を気にしながら値段を付けています。

 

ギリギリ欲望が勝るだろうなというラインを責めるのです。(偉そうに宣ってますが、私もよく失敗します。)

 

じゃあアピールするポイントがない場合は?

 

ちょっと若めの営業を選ぶのがいいかもしれません(主観的にそう思います。)

いちおう目の死に具合を確認してください。。。。

 

不動産仲介って担当物件が増えれば増える程、優先順位的に売れ線から処理していきます。表現が良くありませんが。

 

皆がそうではないと思いますが、経験年数もそんなにない時で媒介もない時って媒介を預けて頂けるとけっこう頑張るんです。端的にうれしいです。

 

契約予定の案件等がない場合はひたすらポスティングやら現地販売やらすることになるんですが、やはり若い営業の方が頑張ってやってくれます。あと、心から売りたいって思ってくれます。(少なくとも私は思ってました。)

 

業報(媒介預けると定期的に報告書面がきます。)なんかも心がこもっているはずですよ。

 

 

家に爆撃されるチラシを小まめにチェックしてホームページで担当者を閲覧するのがいいと思います。

(一概には言えませんがチラシの担当者が役職者だったりベテランそうな人のチラシである場合はその物件が売りやすいという可能性もございます。)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

記事がよかったらシェアをお願いします

スポンサーリンク

査定書を無料プレゼント

不動産売却はどこに依頼しようとお悩みではありませんか?


弊社ではお客様自身にご納得頂けるよう、ご所有の物件に関連したデータ+査定書を無料でプレゼントしています。


・ご売却まで平均63


・売却時のコストを最大限カット


・元大手不動産会社出身のスタッフが対応


まずはお気軽にご相談ください。

※仲介手数料サービス対象エリア

【東京23区】

港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区

【埼玉県】

さいたま市全域・川越市・川口市・蕨市・戸田市・和光市・三郷市・草加市・越谷市・春日部市

”無料査定・無料相談”を依頼する

SNSでもご購読できます。

Fudousan Plugin Ver.1.7.1