イギリスEU離脱 ※不動産屋的にどう思うのか。

蒸し暑さが異様に体力をそぎ落とす今日この頃、幸いなことに人と逢う機会も増え、仕事の話、または仕事とは関係ない話も多くさせて頂いております。

 

プライベートでは、カブトムシ君も家族に加わり、子供たちもまぁまぁ楽しそうに毎日を過ごす中、弊社も今後どんな感じでファンを増やしていくのかとダラダラ考えながらの本日のニュースでございました。

 

イギリスEUを離脱。

 

私は移動中の電車でこの報せを受けましたが、不動産屋なので真っ先に、、、『不動産価格に影響が出るんじゃねぇか』なんぞ頭をよぎったわけでございます。最近、『高い、高い』などとよく申し上げておりましたが、その背景に低金利で融資が下りる、まだ価格が上がるという期待なんて要素があったわけですが少なからず影響があるんではないかと。

 

時を同じく図らずも同業のよくお世話になっている社長から、投資案件のご相談を賜ったのですが、今後動向をウォッチしながらでございますが、ある人によっちゃ買い時に転じるのではないのかという予想をお伝え申し上げました。

 

実際に、『最近は高いので買えない』なんて声を生で聞いてただけありますので、今後、イギリスのEU離脱が我が業界に与える影響は無視できないでしょうね。

 

以前リーマンショックが起きたのは2008年です。私は22歳、この業界には入っていませんでした。

この頃、まったく不動産に興味もなく、不動産価格が上がろうが下がろうが自分には影響がないと思っておりました。

 

東京オリンピック開催決定から、低金利アンド物件価格高騰をリアルタイムで見た私ですが、今後どのように不動産価格が変動していくのか今まで以上にウォッチせねばならないですね・・・・。

 

今年初めあたりの私の市場に関する感想はこんな感じでした。

[ad#ad1]



ポータルサイト・レインズに載っていない
未公開物件をご紹介

未公開の投資用・事業用物件をご紹介します。下記フォームよりご登録ください。




ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、エクセリオン東京の多田 賢正(ただ けんせい)と申します。普段はエクセリオン東京で不動産売買仲介を担当しております。主に不動産関連の話題をブログに投稿させて頂いております。不動産の事でお困りの方は是非お気軽にご相談ください。