Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/exelion/nerimafudosan.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

レインズを見れる状況は物件探し(売買)において有利なのか?

スポンサーリンク

記事がよかったらシェアをお願いします

 

 

こんにちは。エクセリオン東京の多田です。最近、レインズのPASSくださいというエンドさん(投資やってます系)がいたので思う事があって書いてみました。

もしも非宅建業者が物件探しでレインズが見れたら有利なのか

結論から言えばかなり便利だとは思います。

  • どこが元付(売主と直接つながっている業者)かすぐ分かる。
  • 成約事例が見れるので直近の相場もある程度分かる。
  • 狙ってるエリアの売出中物件をズラッ~と並べられる。
  • ポータルと違って同物件重複掲載がないので見やすい。
  • レインズ登録年月日を確認できるので売り出されてからどれくらい経過しているのかわかる。

レインズが見れて得する人損する人

家探し中の人、収益物件探し中の人はレインズが使えると便利かと思われます。(というかレインズのPASS教えるので勝手に探してくださいという業者もいたりいなかったり)

反対に先物ポータル掲載系の客付け会社は非業者がレインズ閲覧できるようになるとキツいかも知れませんね。

条件整理さえできていればレインズ見れると楽

自分が欲しいと思っている条件の整理さえできていればレインズでの物件探しは結構楽かもしれません。というか、条件をヒアリングして整理し物件を紹介するのは業者の仕事ですが、もし仮に非業者(ここでは物件を探している人とします)がレインズを閲覧できるとして、

1.買いたい側が条件整理できていない、もしくは市場に出ている物件と乖離した条件設定をしている。

2.購入自体、喫緊の問題ではない。

などの前提があるとレインズを閲覧出来たからといって物事がなかなか前進しないのでやはり購入したい物件の条件を整理出来る、もしくは整理するつもりがある場合でないとレインズを見てもそれほど意味がないかも知れませんね。ただ、レインズをぼーっと見てるのは結構楽しいので時間潰しにはなります。

レインズ非掲載物件

よく『未公開物件』くださいという人がいます。この場合未公開にもいろいろな意味合いがありますが、レインズに載っていない物件について。

レインズに載らない、もしくは載せない理由は様々です。

  • レインズ掲載前に出口が見つかる。(客が付くという意味です。)
  • 内々でやりたい(売主がそう望む)
  • 情報を拡散させたくない。冷やかし防止→情報自体の希少性を維持したい。
  • 自社で客付けしたい。(仲介会社など)
  • レインズが嫌い。(物件確認、広告掲載依頼等が面倒だ)
  • そもそもレインズが使えない。

と、私の周りの業者さんに聞いた限りでは上記のような理由で載せないとの事です。私のところにもたまにレインズが使えない業者やブローカーからレインズ見せてくれなる連絡を頂く事があります。そもそも、土地やら収益に関してはレインズに載せない事などは往々にあるのでいまさらという感じですが、どうしても未公開という事でいい物件と感じてしまう事はあるのかと思われます。

大手系に関しては、コンプラをかなり重視しますので媒介後、律儀にレインズ登録しますが、意外にもレインズに登録しない業者というのは一定数いるものです。

レインズに載ってはいないけどグルグル回っている。

レインズ非公開物件といえど業者間ではグルグル回っているものです。問題は、物件がいいか悪いかなのですが、グルグル回っている物件に関して、一部は一年超グルグルしているのもありますね。

概要書すらない物件(住宅地図にメモ書きみたいな)のがよかったりと、未公開についてはその種類も様々です。未公開=全部がいい物件ではないという事ですね。

 

つまり、レインズを見れようが見れまいが情報取得するその主体の中にある程度の基準が設けられていないといくら物件情報をゲットしても無駄だと思うのですね。

レインズを見れるとちょっと強くなった気がする

さて、私もこの業界に入りたての頃ですが、レインズを初めて見た際に神のツールだと感じた事があります。たしか友人に自慢した事すらあります。(ほとんどの物件が見れるから最強だというような事を言ったのです。)

まず、よくわからないエリアで売りのお声がけを頂いた場合、とりあえずレインズを見ます。また、友人に家探ししてると言われればやっぱりレインズを見ます。(住宅の場合、未公開物件を掘る作業はほとんどしません。)

物件情報を頂いた場合もやっぱりレインズを見ます。未公開かなって思いながらレインズ開くと載ってるじゃん・・・とかやっているのです。

しかし、今となってみればどこかの地域に密着してやっているわけでもないのでそんなに毎日見るわけでもなく業務のツールの一部として捉えるようになりました。かといって見れないと困るのもレインズなのです。

 

もしも私が不動産業者ではない人間で物件買いたいと考えていて物件探し中なのであればレインズ見たいですね。先に述べたように便利ですからね。しかし、レインズPASSは教えられないですね~。。。

噂では銀行ATMみたいな感じでご自由にどうぞってところがあるらしいのでどうしてもレインズみたいという人は探してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

記事がよかったらシェアをお願いします

スポンサーリンク

「エクセリオン東京 多田のブログ」に関する関連記事

SNSでもご購読できます。

Fudousan Plugin Ver.1.7.1