不動産業者以外の買取

スポンサーリンク

記事がよかったらシェアをお願いします

最近は、なんとなくですが業者さんの買取数字、弱気になってきてませんですかね。

 

このブログをお読みの方はご存知かしりませんが、世には不動産買取業者なる人々がいます。

基本的には売却時にお世話になるのですが、買取業者さんの買値は市場価格の7割程度が目安とされています。買取になる理由もさまざまなのですが、すぐに現金化が必要な場合ですと売主様より買取を御所望されるケースがスタンダードです。

 

前回、触れましたが不動産屋というと賃貸のイメージが強い人もいるのではないでしょうか?

 

もちろん不動産屋にはいろいろありまして、賃貸を専門でやっている会社さんもあれば賃貸、売買両方やってる業者さんもいらっしゃいます。また、売買に特化している業者さんもいれば、その中でも相続専門・借地専門等、それぞれの得意分野に力を入れて集客している業者さんまで本当に様々でございます。

売買のジャンルの中には買取を専門に行っている会社さんもあるのですが、最近では不動産業者以外の法人が買取をするケースも多々見かけるようになりました。

 

どことは申しませんが、不動産業者よりも高値査定をする法人が多い傾向です。

例にすれば、リフォーム会社等は転売目的ではなく、モデルルームとして中古を買取する場合もございます。

傾向としては、あまり駅から遠かったり、人口の少ないエリアですとそもそも買取対象外だったりするのですが、目線さえあえば不動産業者買取よりも手残りが多くなると思います。

 

すぐに現金が必要になる場合って比較検討している時間すらない場合もありますので思ったよりも安い金額で買取になってしまうケースもあるかと思います。

 

不動産の場合ですと、すぐに『不動産業者の買取』というイメージがあるのですが、意外にも他業種でも買取をしている法人がありますのでこういった窓口も相談先として選択肢に入れてみてもいいかも知れません。

 

 

ですが、時間に余裕をもって売却を進めるに越したことはありません。

私も自分のバイクを売る時に時間がなくて買取してもらいましたがあんなに焦らなくてもよかったんじゃないかと不動産屋になってから思い出しました。。。。

 

モノを売るのってモノによって販売方法も期間も異なりますが、元になる考え方は似ている気がします。

 

実は計画性よりも心理的部分の方が大きいと思っておりますのでこのへんのお話しはまた今度してみたいと思います。。。。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

記事がよかったらシェアをお願いします

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

Fudousan Plugin Ver.1.7.1